株式会社ハートフル 公式Blog!@薩摩川内市、鹿児島県、JAPAN

 ☆鹿児島県 薩摩川内市 の冠婚葬祭「株式会社ハートフル」公式ブログです☆
 
ブライダルステージ花ごよみ(結婚・婚礼・ブライダル・レンタル衣装・挙式・七五三・七草・成人式・卒業式) + ハートフル紫雲閣(生前相談・生前予約・ご葬儀相談・お通夜・ご葬儀・仏式・神式・友人葬・キリスト教葬・無宗派葬・ご法事・お仏壇・墓石) + 冠婚葬祭互助会(月々の積み立てで安心のサービス)+お料理(仕出し・宅配・お弁当・内祝い・祝膳・結納・婚礼・会席・偲び膳・初七日・四十九日)
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
天気情報
過去の記事
QRコード
qrcode


広告
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
7人の葬祭ディレクターたち! 第5弾!!!
こんにちは、ハートフル紫雲閣のhalです。

さぁ!今シリーズも佳境に入ってまいりました!!!
あっ。
すみません、お待たせしておりました。

さて、7人の葬祭ディレクターたちの第5弾をお送り致します。

「我が社の誇る
ハートフルで最も心配性な葬祭ディレクター丸山満さん!!」
どうぞ、登場して頂きましょう!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
では、早速お話を伺いたいと思います。

hal「丸山さんの自己紹介をお願いします。」
丸山「私は薩摩川内市樋脇町の出身です。
   今も地元の樋脇町に住んでいます。
   ノリと勢いがモットーの33歳です。」
hal「お仕事をされる上でどんな事に気をつけていらっしゃいますか?」
丸山「月並みですが、お客様の立場に
   どう立つのかという事を常に意識しています。」
hal「よく言われている事ですが、
  具体的にはどのような事でしょうか?」
丸山「大事な方を亡くされたご遺族は、
   日常と同じ様に物事を考えたり、判断したりするのが
   とても難しいのではないでしょうか。 
   私たちはそういうご遺族の悲しみを
   少しでも多く理解することで、
   お客様と同じ目線・立ち位置に近づきたいと思います。
   だから、お客様がどんな心情なのか、いつも心配になります。」
hal「なるほど。
  非日常の真っ只中にお客様はいらっしゃるという事を
  よく踏まえなければならないという事ですね。
  丸山さんは葬祭ディレクターを取得されて7年と伺っていますが。
  これからの葬祭ディレクターに必要なのは何だと思いますか?」
丸山「まったく新しい価値感を創造する事だと思います。
   現在も市場には様々な商品が提供されていますが。
   プランの名前や形態は違って見えても
   宗教家に依る儀式・祭壇をかまえる等、
   基本的な形は変わっていません。
   これらは確実に変化を余儀なくされる兆候さえ見受けられます。
   ただ、亡くなられた方をしっかり弔うと言う事は
   失われないような儀式文化の価値感を提供したいと考えます。」
hal「業界自体が大きな岐路に立っているとういうことなのですね。」
丸山「そう感じます。
   とても大きな使命感が必要になると思うのです。」

hal「丸山さん。今日はありがとうございました。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

葬祭ディレクターの使命は何かというのを教えていただきました。

さぁ!
今シリーズも残すところお二人の登場のみとなりました!!!
ついに、後少しで全員が揃う日がやってまいります!
乞うご期待!!!
7人の葬祭ディレクターたち 第4弾!!!
こんにちは、ハートフル紫雲閣のhalです。

さぁ!今シリーズも半ばを過ぎます。

7人の葬祭ディレクターたちの第4弾!!!をお送り致します!

ハートフルで最も心やさしい葬祭ディレクター堀之内誠さん」
どうぞ、登場して頂きましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
では、
hal「堀之内さんの少し自己紹介をお願いします。」
堀之内「私は地元薩摩川内の高城町の出身です。
    今は、両親と一緒に地元高城町にいます。37歳です。」

hal「お客様と接する上で、どんな事に気をつけていらっしゃいますか?」
堀之内「お客様の体調に特に気をつけています。」
hal「例えば、どのような状況ですか?」
堀之内「はい。ご家族は看病などで、お疲れの状況で私たちとお打合せをされます。
    もし、例えば喪主様が具合が悪そうなら、お打合せを途中で中断をすることもあります。
    準備・設営が遅れる事がありますが、あくまでご家族の状況を優先する時も必要です。」
hal「確かに、喪主様をはじめとしたご家族のご意向はとても大事ですね。」

hal「堀之内さんは葬祭ディレクターを取得されて4年と伺いましたが
  今後、どのような役割が求められと思います?」
堀之内「そうですね。ここ最近では葬儀様式の変化に対応する事ではないでしょうか。」
    ここ1・2年の間だけでも、直送・家族葬・一日葬など、色々な用語が溢れています。
    お客様の考えている事を納得のいく形で提供する事が大事です。
hal「なぜ、お寺やお経が必要なのと言われる方も増えているそうですね」
堀之内「そうですね。今まで、当たり前で通り過ぎていた事にきちんとお答えできる
    ようになる事も私たちの重要な役割ではないでしょうか。」

hal「分からない事が分からないのが、当たり前になりそうな昨今。
  葬祭ディレクターとして、新たな価値観や基準を作ると言う
  とても大きな使命があるのではないかと、考えさせられました。
  堀之内さん今日は、ありがとうございました。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、7人の葬祭ディレクターたちも残すところ、あと3名の登場を待つばかりとなりました。
さぁ。次はどなたの登場となるのでしょうか。お楽しみに!!!

葬祭ディレクターの詳細については、下記URLをご参照下さい。
そう言えばリニューアルされております!!!
ぜひ、ご覧下さい。


7人の葬祭ディレクターたち 第3弾!!!
こんにちは、ハートフル紫雲閣のhalです。

さて、順調に(笑)
7人の葬祭ディレクターたちの第3弾!!!をお送り致します。

今回は
「我が社の誇るハートフルで最も伝統文化に挑戦し続ける
葬祭ディレクター・堂後義和さん」です!!!
どうぞ、登場して頂きましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、堂後さんにお話を伺います。

hal「堂後さんの自己紹介をお願いします。」
堂後「私は、阿久根市の出身です。
   今は、薩摩川内市東郷町に妻と暮らしています。
   挑戦がモットーの34歳です。」

hal「お客様と接する時にどんな事に気をつけていらっしゃいますか?」
堂後「お客様のご不安・ご心配がどの部分にあるかを常に気をつけいます。」
hal「例えば、どのようなことでしょうか?」
堂後「はい。一言で「ご葬儀」と言っても、その中身は多岐にわたります。
   習慣の事。宗教的な話。弔問のお客様への接待はどうするのか?
   そして、費用的な面の心配。何にどれくらいかかるのか?
   葬儀だけ済ませば良いのか?お客様が特にどの部分が
   分からないのか、理解するように務めています。」
hal「ご葬儀の場面では「何が分からないのか分からない」とよく聞きます。
  そこをこちら側から、どんなことが疑問なのか察知するということですね。」

hal「堂後さんは葬祭ディレクターを取得されて3年と伺いましたが
  これからの時代、葬祭ディレクターにはどのような事が求められるのでしょうか?」
堂後「心のケアだと思います。
   先程も話しましたが、お客様の不安や心配を先に察知して、解決して差し上げる。
   不安を解消し、心配を少しでも減らすことが大事です。
   そしてそれは、ご法事・埋葬・手続き等、ご葬儀の後のにも及びます。」
hal「なるほど、それだけ幅広い知識やスキルが必要にもなりますね。」
堂後「そうですね。それに、これまでの習慣が通じにくくなってきていますので
   新たな文化を作り出すということも大事だと思います。」

hal「葬祭ディレクターにも何かを作り出すという。
  クリエイティブな役割を担う時代がもう、そこに来ているのかもしれませんね。
  堂後さん、今日はありがとうございました。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

葬祭ディレクターとして、昔ながらの文化の継承者しての役割と
葬祭ディレクターとして新たな文化を作り出すという
新たな役割を聞かせて頂きました。

さて、順調に3回目まで、きました。
このまま順調に次回も乞うご期待下さい!

さぁ。次はどなたの登場でしょうか?


葬祭ディレクターの詳細については下記ホームページもご参照下さい。


7人の葬祭ディレクターたち 第2弾!!!
こんにちは、ハートフル紫雲閣スタッフのhalです。

早速、前回に続きまして
7人の葬祭ディレクターたち第2弾をお送り致します!

「我が社の誇る、ハートフルで最も笑顔の素敵な葬祭ディレクター
上薗洋二さん」です!
どうぞ、登場して頂きましょう!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
では、上薗さんにお話を伺います。

hal「自己紹介をお願いします。」
上薗「地元、薩摩川内市の高江町出身です。
   家族4人で薩摩川内市高城町に住んでいます。
   バイク好きの49才。
   好きな言葉は『時の刻みは命の刻み』です。」

hal「普段、どんな事に気をつけていらっしゃいますか?」
上薗「笑顔ですね。」

hal「笑顔ですか?お悔やみの場面では、不思議な感じがいたしますが。」
上薗「確かにお客様は、とても大きな悲しみにくれていらっしゃいます。
   だからこそ、お客様に、口調や態度をやわらかく接することで
   安心感を持って頂けると思うんです。それが、自然と笑顔になると思います。
   ワハハっと声を出して笑う事ではありませんよ(笑)」

hal「葬祭ディレクターとして9年経たれると伺いましたが
   これから、どんな役割が求められると思われますか?」
上薗「グリーフケアです。
   大事な方を亡くされ、悲嘆にくれるご遺族の心をいかにケアして、癒しにつなげるか。
   ただでさえ、人の交流・ふれあいが減っていると言われる社会です。
   ご葬儀の後、ご自宅にお一人で過ごされるご遺族もいらっしゃいます。
   ご遺族に寄り添う心くばり。
   ご葬儀をする事だけが葬祭ディレクターの役割ではないと思うのです。」

hal「ご葬儀の後に、一気に悲しみの感情が湧いてくる方も多いです。
  アフターケアはますます、重要になってきますね。」
上薗「そうですね。その為に真心で接することが大事です。」

hal「悲しみや命の大事さを理解しているからこその笑顔が
  お客様の心を癒すために重要なのですね。
  上薗さん、今日はありがとうございました。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インタビューありがとうございました。
葬祭ディレクターに必要な資質は何か?
というものを教えて頂きました。

次回の登場はどなたが?
待ち遠しい(笑)

葬祭ディレクターの詳細については下記ホームページもご参照下さい!


ハートフル紫雲閣スタッフBlog → 7人の葬祭ディレクターたちシリーズ第1弾!
こんにちは、ハートフル紫雲閣のhalです。

早速ですが!
皆様!!!
大変、お待たせ致しました!

ついに登場!!!7人の葬祭ディレクターたちをお送りする日がやって参りました。

いや〜、お待たせしてホントすみません。

さて、シリーズ7の口火を切って下さるのは〜…
この方です!

「我が社の誇るいつも元気な葬儀屋さんをモットーとしている。
葬祭ディレクターの犬井保昭さん!!!」
どうぞ、登場して頂きましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、早速、インタビューを。

hal「自己紹介をお願いします。」
犬井「私は岐阜県出身です。
   今は東郷町藤川に家族5人で住んでいます。
   元気がモットーの52歳です。」
hal「おぉ。元気という事は、何事においても良い事ですね。」

hal「では、お客様と接するときは、
   どんな事を心がけていらっしゃいますか?」
犬井「そうですね。お客様の要望を感じ取れる様にする事ですね。
   例えば、お客様が何かキョロキョロされてるのを見たら、
   すぐお近くにお寄りして、
   「何かお困りでしょうか?」と声かけが大事だと思います。」
hal「なるほど、なるほど、とても重要な事ですね」

hal「今、犬井さんは葬祭ディレクターとして10年経ったそうですが、
  これからの時代、必要な事は何だと思いますか?
犬井「精神的な部分でのフォローがとても重要になると思います。
   つまり、お客様に安心感を届ける事ができるかどうか。
   その為に、お客様の求めている情報をいかに提供するか。
   私達、葬祭ディレクターは日々、時代の流れをよく観察し
   学ばなければならないと思います。」
hal「目に見えないものを価値としてお客様に提供出来る事が
    これから重要になってくるのですね。
    犬井さん、今日はありがとうございました。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インタビューありがとうございます。
価値観がとても多様化・多重化する中で、
葬祭ディレクターの必要性は今後高まっていきそうですね。

さて、次回は一体どなたが、登場してくださるのでしょうか?
シリーズの次回が楽しみです!

なお、葬祭ディレクターの詳細につきましては
当社ホームページにも掲載しております。

ぜひ、ご覧くださいませ。
感謝祭開催!!!
紫雲閣スタッフのhalです。
(そういえば、名前を決めまして)

さて、本来なら、ついに登場7人の男達を
お送りする回のところではございますが。

今回は急遽予定を変更いたしまして。
先日行われました
「ハートフル紫雲閣ありがとう10周年感謝祭」のレポートをお送り致します!

時に平成24年1月14日 午前10時。
薩摩川内市勝目橋たもとの紫雲閣隈之城斎場。
そこに集まる人々!!!
い、いったい何が!???
この人だかりは?
しかも、お客様が何かもらっています!
なるほど!お客様に感謝のしるしですね。

感謝祭開催
何々。ハートフル紫雲閣隈之城斎場 ありがとう感謝祭ですって!?

なんと!隈之城斎場が10周年を迎えるんですって!
10年前といったら日韓W杯で、中田英寿選手が
ヘディングシュートを決めてる頃です。なつかしい(笑)

では、中に入ってみます。
・園児の皆さんのすばらしい演奏!
・美しい日本舞踊!
・健康体操の講演・実演まで!(最近、運動不足だから受けたかった)

さらに中に進みますと・・・
・なんと、「うどん」「そば」に「おしるこ」までもが!
 む、無料で食べられるですって〜!
なるほど〜!

さて、一通り見て回ったかな・・・。ん!???
来場者の皆様が、おもむろに集まりだしましたよ・・・

抽選会
こ、これは。
まさかの!?抽選会!!!!!
来場記念品のうえに、賞品が当たるんですか!!!
あの自転車に当選して乗って帰りたかった(笑)
注:もちろん当社スタッフは対象外です。

以上。「ありがとう 感謝祭」
レポートをお送り致しました!
さて、次はいったい、どんなイベントが!?
今から楽しみです!!!

以下、改めまして。
今回、多くの皆様のお陰で弊社隈之城斎場が10周年を
迎える事が出来ました。ひとえに皆様のおかげと
心から、感謝致しております。ありがとうございます!

これからも、地域の皆様のお役に立てるよう
日々、精進して参ります!
どうぞ、これからも変わらぬお付き合いの程
よろしく、お願い申し上げます!!!




紫雲閣スタッフのBlog!明けましておめでとうございます!
紫雲閣スタッフのBlog!

2012年!
新年明けましておめでとうございます!!!

やってまいりました。
新しい年!

皆様、2011はどんな年でしたか?
そして、2012年!
どんな年になるのでしょう?
ワクワクします。

さて。
私達ハートフル紫雲閣は新しい年を迎えるにあたり。
本年は新たな価値観の提供に挑戦をします!

昨年は、冠婚葬祭の儀式文化の様相の変化がいっきに進んだように思います。

メディアには「家族葬」「直葬」などの言葉が数多く登場し広く知られる事となり、
2010年に「葬式はいらない」とうい書籍の登場以降、儀式文化のに対する価値観の変化は
多くの方々が体感することとなりました。

このような時代背景の中、私達が出来る事は何か?

多様化し続ける価値観にどう向き合うのか考え、
お客様の不安・不満・不便を取り除くべく新たな価値を創造します!

どうぞ本年もハートフル紫雲閣をよろしくお願い申し上げます。
紫雲閣スタッフによる、初Blog! → はじめまして!
ついに!
紫雲閣純正スタッフのブログ投稿!です。
ちなみに人生

と言う事で実は先般、葬祭ディレター試験なるものに3名受験をして参りました。
その1級に・・・受験者3名全員合格致しました!!!おめでとうございます!

えっ!?どうしました?
1級の何がおめでとうかって?
そもそも、葬祭ディレクターってのはなんだ?

なるほど、ごもっともなご意見です。
かしこまりました。
百聞は一見に如かずと申します。
それでは、登場して頂きましょう!!!

紫雲閣の誇る!7名の葬祭ディレク・・・えっ?どうしました。
(出演の許可をとってない?今日は無理・・・。いきなり言われても困る?)

とういことで、次回!
ついに登場、7名の葬祭ディレクターたちをご紹介致します。

(そういえば、私は自分のハンドルネームを決めてなかった。考えとこう)
5月9日は、紫雲閣&城南会さんのグラウンドゴルフ大会!
 皆さん、お元気でしょうか!

9日は、紫雲閣&城南会のグラウンドゴルフ大会が
セントピアで行なわれました!

天気もちょうど良くて、風も涼しく、ナイスなコンディション!

いつまでも、走り回れるように、お元気で!
健康第一です☆

紫雲閣杯のグラウンド・ゴルフ大会☆
 皆さん、お元気でしょうか!

バタンキューしてた知識晃です。
すみません。

16日は、紫雲閣杯のグラウンド・ゴルフ大会でした!


天気も良好!
すがすがしい朝!

参加されてる皆さんの元気な笑顔が一番です!

うちは、ばあちゃんが亡くなっちゃって、
もう会えないんですよねぇ。

いつまでも、お元気で!

(C)2007 株式会社 ハートフル All Rights Reserved